無呼吸は危険

Room in hospital

無呼吸症候群は自分で気づかないことが多いです。できれば日ごろからのパートナーや配偶者の様子をうかがってみて、おかしなところがないかという協力が必要になってきます。また気づいたら、いち早い対応が何よりといえるでしょう。

Read More

神経系のトラブル

Room in hospital

自律神経失調症の治療や回復をメインとした文章で、現在自律神経失調症の治療方法として人気があるものや、また自律神経失調状態を回復したいと思ったときにどのようなアプローチをすればよいかといったことが主題になっています。

Read More

違和感を覚えたら

Room in hospital

突発性難聴は誰にでも発症します。音が鈍く聞こえ生活に影響を与えます。すぐに治療すると短時間で完治し、薬剤も水溶性ビタミンであるB12であるため副作用等も起こりにくいです。ただし治療が送れると治療期間がかなり延びます。

Read More

新宿の内科

寝ている時に気道が狭くなることで無呼吸症候群になることがあります。治療のためには専門病院や日常生活の改善を心がけることが大切です。

診察内容

新宿の内科では様々な症状に対応しています。ちょっとした風邪症状もあれば、高血圧症や高脂血症など長期治療も可能です。最近遺伝性のものだけではなく若年化している糖尿病の治療も可能です。また現代病といわれる花粉症や熱中症などの治療も行っているので、複数の症状があったり気になる場合はすぐに内科で診てもらうと早期治療する事で症状を緩和する事ができます。新宿駅近辺では多くの内科が存在しますので、インターネットで調べたり直接電話をして症状を伝えて受診できるか聞いてみてもいいかもしれません。症状によっては他の科に行って下さいといわれるかもしれませんので、あちこち足を運ばずにすみます。また健康志向が高まり禁煙外来もあるところもあります。

新宿の内科では場所柄、多くの内科もありますし、そして診療時間も比較的夕方も遅くまで行っています。会社帰りのサラリーマンでも通院する事も可能ですので、気になる事があれば、ほったらかしにするのではなく受診してみるこで重症化を防ぐ事ができます。また新宿の内科ではいろいろな症状の患者さんが同じ待合室にいます。持空気感染する風邪症状の方もいるのでクリニックに入る際には備え付けのアルコール消毒をしたりマスクをする事です。特に風邪の方はマスクをして他の方にうつらないようにするのがエチケットです。そして必ず健康保険証を持っていくことです。まれも保険証持ち合わせていなくて、確認ができず、全額支払う事になります。保険証を後日持ってくれば、清算しなおすことも可能でですが、高額になってしまうので、忘れずに持って行くことをお勧めします。